page icon

【テンプレート公開】Notion最強タスク管理法を全公開します|Shin|note

カテゴリDBカテゴリ
作成日
2022/02/02
ひと言メモ
Notionのタスクテンプレートの解説記事。定期タスクある方は良いかも👍

Notionでタスク管理をしている中で、いろいろなやり方を試しました。その中でついに見つけた!と言えるやり方をツイートしたところ、投稿して数時間で1000いいね!を超える反響を頂きました。
リプライやRTで100件以上の「テンプレートほしいです!」というご要望を頂いたので、使い方とあわせて公開します!私自身いろいろな試行錯誤をしたうえでの結論なので、ぜひお試しください。

Notionデータベースでタスク管理をするデメリット

最初、私はNotionでタスク管理をしていた時、普通にデータベースを使っていました。こんな感じです👇
これでも悪くはなかったのですが、欠点として
  1. ソートしやすい反面いちいちソートする手間がかかる
  1. タグをいちいち付けるのが面倒
  1. 細かくタスクを追加・削除するときやりにくい
  1. タスクの粒感がバラバラになりがち
  1. 締め切りがあるタスクとそうでないタスクが一緒になってしまう
こういう使いにくさを感じていました。もっと雑に追加したり、いつやるのか管理できる方法はないか?とNotionの使い方を研究し続けました。

たどりついたNotionでの最強タスク管理法

その結果たどり着いたのが、こちらです。
  1. 月曜から1日ごとの列を用意 ・朝・午後・夜で分類
  1. いつ何をするか決めておく
  1. 入らないタスクは別DBでやること候補に追加
Notionが他のメモアプリと違って使い勝手がいいのが、ワードなどで言う「段組み」ができるところです。同じ行に、複数の列を作って管理できるので、情報の粒感が同じくらいのタスクを横並びに、そして縦で1日のタイムラインを表現することで直感的にタスクを管理できるようになりました。
タスク管理をしていてよくあったのが、時間があいた時に「次なにやろう」といちいち決めなくてはいけなく、これだけで少しずつ脳のメモリを消費していることをもったいなく感じていました。このやり方に変えてから、いちいちタスクを考えなくて良くなったので頭がスッキリし1日のやることを消化できるようになりました。
また、短期的なタスクに入らない中長期にまたがるタスクは、データベースにラベル・カテゴリを付けておき、忘れないように保存しておくことで短期・中長期のタスクを一緒に管理できるので、漏れもなくなりますし中長期タスクだけ他ツールやページを見る、という煩わしさもなくなり、個人的にかなり快適に管理できています。Notionのデータベースは中長期にわたり保存しておくものと相性が良いので、短期で入れ替わりが激しいタスク管理だとページでの管理と併用すると良いことに気づきました。これはNotionを使い続けるうえでは大事な気付きだったなと思っています。

タスク管理テンプレートはこちらからご利用ください

テンプレートはこちらから複製できます。URLにアクセスして、画面右上にある「Duplicate(複製)」を押すと、ご自身のNotionにテンプレートをコピー可能です。
1点だけ、こちらのテンプレートは横幅いっぱいに使っているので、ページの横幅をフルサイズに設定することをおすすめします。こちらのボタンから設定可能です。ページの余白もテンプレートで保存できると最高なんですけどね…!ここは今後の改善に期待です。

Notionテンプレートを追加する方法

Notionで公式が用意したものではないテンプレートを保存するとき、少しだけ作業がいります。
  1. 保存したいページで /template と入力
  1. テンプレートの種類をページに変更
  1. テンプレートをコピペし、名前を付けて完了
これをやっておくと、ボタン1つで同じテンプレートをすぐ挿入できるようになります。

おわりに:Notionは多機能だからこそ目的によって使いこなそう

Notion使い込んだ最初のあるあるとして、データベースでなんでも作り込もうとしてしまいます。データベースは作り込み甲斐があり、Viewも多く切り替えられるので作っていて楽しいんですよね〜。
ただ、必ずしもデータベースがベストかと言うとそうでもなく、用途によって実はベーシックな使い方の方が便利だよね、ということもありえます。あまり先入観にとらわれず、使いやすい方法を探っていくとNotionがもっと便利に快適になっていくな〜と思いました。皆さんもぜひ自分なりのNotion活用法を見つけてください!
役に立った!など感想・ご意見がある方はTwitterでぜひフォローやツイートをお願いします。